大阪星光学院のあゆみ

大阪星光学院は、1950年に創立され、今年で創立60年になります。
大阪星光学院のあゆみをご紹介します。

大阪星光学院のあゆみ

1859年 ヨハネ・ボスコがサレジオ会を創立
1926年 チマッチ神父をはじめとする9名のサレジオ会員が来日
1949年 マルジャリア神父が来阪
1950年 大阪星光学院創立。初代校長にマルジャリア神父が就任
1958年 講堂・修道院落成
    校歌「星のしるべ」制定
1964年 東京オリンピックのホッケー競技に川島教諭とOB(4期、6期)出場
体育館落成
1968年 トーマス小崎研修館、黒姫星光山荘の落成
以降、星光山荘での夏期・冬期行事始まる
1969年 同窓会発足。
1970年 生徒協議会発足。第一回スクールフェア(文化祭)を開催
1973年 南部学舎落成。翌年より南部特別授業始まる。
1980年 玉造聖マリア大聖堂にて創立30周年感謝ミサ挙行
1983年 蕉蕪園の完成。
1990年 玉造聖マリア大聖堂にて創立40周年感謝ミサ挙行
2000年 創立50周年記念誌『星のしるべ』発刊
2001年 大阪星光学院WebPage開設
2007年 新校舎第1期工事完成
2008年 新校舎第2期工事完成
2009年 新校舎竣工記念ミサ挙行